2018年7月にフォレスターがフルモデルチェンジされました。

今回の新型フォレスターはTouring、Premium、X-BREAK、Advanceの4つのグレードが設定されています。

MTやターボが無くなり、e-BOXERを搭載して話題になりました。

エクステリアデザインの大幅な変更は無かったようで一部辛口の評価もありますが、概ね良好な口コミが多かったです。

この記事では、話題になっている新型フォレスターの口コミや評価についていろいろとご紹介していきます。

新型フォレスター・エクステリアの口コミや評価

新型フォレスター:X-BREAKのエクステリア

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

エクステリアの口コミや評価

  • 先代から大きな変化はなかったですがより洗練された感じになりました
  • 先代フォレスターとあまり変わっておらず新鮮味に欠ける
  • フォレスターにはパールホワイトのカラーが似合います!
  • フロントグリルがカッコいい!
  • ルーフレールやオレンジ加飾されたスポイラーがいいですね。

先代フォレスターと現行フォレスターで、エクステリアにあまり大きな変化は見られませんでした。

先代フォレスターでエクステリアデザインがほぼ完成されていたのかもしれませんね。

口コミや評価を調べてみましたが、当然ながら賛否両論でした。

しかし、全体的には好印象な口コミが多かったです。

2018年グッドデザイン賞の評価も妥当なところでしょう。

少し、地味に感じるという口コミや評価もありましたが、X-BREAKのグレードですと、オレンジ加飾されたスポイラーが装備され、良いアクセントになっています。

キリッとしたフロントグリルとあわせてスポーティーな風貌で、地味どころかカッコいいです。

もちろん落ち着いた感じのグレードも用意されていますので安心ですね。

新型フォレスター・インテリアの口コミや評価

新型フォレスター:X-BREAKの内装

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/grade/grade.html#grade3

インテリアの口コミや評価

  • 前席、後席全て余裕のスペースが確保されているので、移動中疲れにくくなりました。
  • 先代に比べて高級感が増したと思います
  • ドアの張り出しが気になります。そのせいか収納に少し不満を感じます。
  • 後部座席を倒すと荷室がフルフラットになり、車中泊出来るのがいいですね。

フォレスターで車中泊をしよう

車中泊出来て良いという口コミや評価がありました。

フォレスターに限りませんが、SUVって基本的に後部座席を倒すとフルフラットになります。

多少斜めになったりはしますが布団やクッションを敷くと全く気にならないレベルです。

これって遠出をするときに簡単に車中泊出来るのでとても便利なんですよね。

行き先を決めず、宿も決めないような思いつきで自由気ままに行く旅に、車中泊可能なフォレスターはもってこいなんです。

宿代も浮いて財布に優しいのもグッド。

各座席も余裕のスペースが確保されているので長距離移動も疲れにくいです。

先代フォレスターに比べてボディーサイズが約3cm程度大きくなっているのも車内スペースの確保に貢献しています。

新型フォレスター
X-BREAK
旧型フォレスター
2.0Eyesihgt
全長 4,625mm 4,595mm
全幅 1,815mm 1,795mm
全高 1,730mm 1,695mm

日本の道路事情や駐車時のことを考えると、これ以上の大型化は遠慮したくありますが、車内が快適になったことは良かったと思います。

フォレスターの収納について

インテリアで多かった不満の口コミや評価に収納がありました。

スバル車の口コミを見ると、何故か毎回この口コミを目にします。

ボディーサイズはモデルチェンジで多少なりとも大きくなっているのに何故なんでしょうか。

サイズアップ分は座席空間スペースと車体改良に全フリされているのかな。

運転中に小物の置き場が無いと、うっかり足元に落として危険なことにも繋がりかねません。

年次改良で小物入れの使い勝手が良くなるといいですね。

新型フォレスター・エンジン性能の口コミや評価

新型フォレスター:2.5リッター直噴エンジン

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/driving/2.5engine.html

エンジン性能の口コミや評価

  • 2.5リッターのエンジンは力強く、高速道路での運転も快適です
  • アクセルを踏んだときの加速がスムーズ
  • e-BOXER搭載でエンジン音がとても静かです
  • e-BOXERのモーターアシストを感じ辛く残念です

新型フォレスターのエンジン

グレード エンジン
Touring 2.5リッターDOHC直噴
Premium 2.5リッターDOHC直噴
X-BREAK 2.5リッターDOHC直噴
Advance 2.0リッターDOHC直噴+
モーター(e-BOXER)

先代フォレスターの排気量が2.0リッターなのに対し、新型フォレスターはTouring、Premium、X-BREAKの3グレードで2.5リッターへと排気量アップしています。

自動車税が少し上がってしまいますが、口コミや評価にあるように、力強い加速を手に入れています。

2.5リッターエンジンはアクセルを踏んだときに、力強いスムーズな加速をするのでおすすめのエンジンですよ。

現行フォレスターはMT、ターボモデルを廃止

今回のフルモデルチェンジでMTやターボの設定が廃止されてしまいました。

スバルと言えばMT!ターボ!

というイメージが強かったので、この変更は正直驚きました。

しかし、先代フォレスターの後期型ではMTやターボモデルはあまり売れていなかったので仕方ないのかもしれませんね。

新型フォレスターの注目技術:e-BOXER

ターボの代わりなのかどうかはわかりませんが、Advanceグレードのエンジンにe-BOXERというモーターが搭載されています。

新型フォレスターの注目の新技術ですが、口コミや評価を見てみると賛否両論です。

不満を持たれていた方の口コミで多かったのが、モーターが小型なため思ったほどモーターのアシストを得られないことでした。

ライバル車のエクストレイルと比べてみましょう。

フォレスターVSエクストレイル:モーター性能

新型フォレスター エクストレイル
モーター最高出力
[KW(PS)/rpm]
10(13.6) 30(41)
モーター最大トルク
[N・m(kgf・m/rpm)]
65(6.6) 160(16.3)
燃費 18.6km/L 20.0km/L

ハイブリッドとして見ると、フォレスターのモーターの完敗になりますが、実はe-BOXERの位置づけは一般的なハイブリッドとは違うようです。

水平対向エンジンとコンパクトな高性能モーターを組み合わせることにより、発進時のスムーズな加速と軽快な走りに重点を置いているようです。

e-BOXERはあくまで2.0リッターエンジンのアシストを目的としているので、他社のハイブリッド車のイメージでいくと非力に感じる場合もあるのでしょうね。

e-BOXERの趣旨を理解したうえで運転すると確かな満足が得られることでしょう。

新型フォレスター・燃費の口コミや評価

新型フォレスター:各グレードの燃費

JC08モード WLTCモード
Touring 14.6 13.2
Premium 14.6 13.2
X-BREAK 14.6 13.2
Advance 18.6 14.0

燃費の口コミや評価

  • 街乗りと高速を1:1の利用で11km/Lでした
  • 街乗り、高速あわせて10.5km/Lでした
  • 高速で14km/L、街乗りで9km/Lでした
  • 高速9割、市街地1割の走行で13.7km/Lでした

JC08モードの測定値は実際の走行との違いが大きく出てしまうので、最近はWLTCモードの表記もされています。

こちらの方がより実測値に近い感じですね。

新型フォレスターは車重1.5トン超えでAWDであることを考えると十分な燃費が出ていると思います。

口コミの燃費も利用状況の違いから多少バラツキはありますが、全体的に良好な燃費が出ているようで、満足されている評価が多かったです。

気になるのはAdvanceグレードの燃費でしょうか。

JC08モードとWLTCモードの差が、他グレードに比べて大きく出ています。

e-BOXERによる影響が出ているのかと思いますが、先程も言いましたように、ハイブリッドという位置づけではなく、発進時のスムーズな加速と軽快な走りを主目的としていると考えると十分満足のいく燃費が出ているのではないかと思います。

⇒スバルフォレスターの口コミや評価をもっと知りたい方はこちら!

 

この記事を書いた人

リュウヤ
趣味はドライブ♪
でも、最近は専らサンデードライバーもどき・・・
もっとあちこちドライブ行きたーい!